OK1 BLOG

橋梁工事VR安全教育システム開発のお知らせ

橋梁工事VR安全教育システム

このたびオフィスケイワンは、株式会社駒井ハルテック、宮地エンジニアリング株式会社と共同でVR技術を用いた橋梁工事安全教育システムを開発しました。

1.開発の背景
i-Construction、CIMなど建設現場の生産性向上に向けた取組みが加速する一方で、労働災害の撲滅という社会的要請の高まりにより、橋梁建設従事者の安全意識の向上、不安全行動の撲滅など、教育の重要性が増しています。従来の座学による労働安全衛生教育に加えて、本システムによるあたかも橋梁工事現場にいるような体験型教育を実施することで、安全意識・危険予知レベルの向上に役立てることが可能です。

2.システム概要
労働災害で高い比率を占めるのが、玉掛作業、クレーン、高所作業などによる、はさまれ・まき込まれ、墜落・転落、転倒などです。本システムは、VR(バーチャル・リアリティー)空間に橋梁工事の状況を再現して、より高い臨場感と没入感のなかで、プレイヤーが実際に事故を体感することで、実現場での危険予知レベルの向上、安全意識の向上に役立てるものです。

3.お問合せ先
 オフィスケイワン株式会社  担当:保田  TEL. 06-6567-8951

4.今後について
・本システムのバージョンアップを実施するとともに、システムの外販を開始いたします。
・本システムのNETIS登録に向けて登録申請中です。


製品紹介|橋梁工事VR安全教育システム

お知らせ