OK1 BLOG

Click3DがNETISの平成30年度活用促進技術に指定されました!

オフィスケイワンが開発・販売する橋梁3Dモデリングシステム「Click3D」が、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)の有用な技術の位置づけのうち、「活用促進技術」に指定されましたので、お知らせいたします。

1.活用促進技術とは
活用促進技術は、活用効果評価において、総合的に活用の効果が優れている技術、特定の性能 又 は機能が著しく優れている技術、特定の地域のみで普及しており全国的に普及することが有益と判断される技術等に該当する技術から選考されます。平成30年11月現在、申請情報2700件のうち活用促進技術は170件指定されています。

2.各地方整備局のインセンティブ
・入札参加者が指定された技術を、総合評価方式における技術提案で提案した場合には、その審査において他の技術を提案した場合よりも高く評価します。
・その工事を請け負った場合には、工事成績評定においても、他の技術を提案した場合よりも高く加点します。
・工事成績評定の加点措置は、総合評価方式の技術提案以外でも、工事請負契約後の提案であっても、加点措置を行います。
 ※詳細は各地方整備局にお問い合わせください。

3.NETIS登録概要
技術名称  :設計図面上に橋梁三次元モデルを作成するシステム Click3D
登録番号  :KT-140116-VE
評価通知日 :平成30年10月16日

以上

Click3D活用促進技術(PDFファイル)

お知らせ